wordpress ドメイン・ホスティング ネット関連 技術情報

WordPressのサイトをConoHaサーバーに変更したら、激速になった件

こんにちは、shimashimaです。

今回は、ドメイン移管についてのお話です。

業務でWordPressで構築されたBtoCのサイトを制作、管理させていただいているのですが、そのうちの一つのモノ売りのサイトのお話です。

物売りなので、商品の写真などがどうしても増えてしまうこと、商品説明にも画像やイラストを使うことで、さらに画像が増えて、重いサイトになっていました。

極力、CSSでカバーできるところは画像をテキストに、モバイル用に画像を圧縮など、打つ手を売っても、限界がありました。

サイト構成をそもそも変えたいと思っても、企業主が画像やイラスト満載の派手めなサイトがお気に入りという点もあり、ページサイズの削減については、限界をむかえていました。

WordPressのキャッシュプラグイン(WP Fastest Cache)とかも入れて、なんとか改善はかけていたのですが、どうしてもページの読み込み速度が遅かったのです。

これが、GoogleのPageSpeedInsightsのスコアでした。

しましま
体感的にもページが表示され始めてから、全部表示されるまで時間が掛かるイメージでした。

SEO対策としても、ページ速度は改善項目の一つでしたが、なかなか打つ手が無かったのです。

そのサイトのホスティングサーバーは、「さくらインターネット」のレンタルサーバーを利用していました。

ある日、僕はふと思いました。

しましま
画像が多くて重たいのは分かるけど、10MBもあるわけじゃないし、そもそもWordPressの処理自体が遅いんじゃないか。

画像は多くて(200点以上...。)でしたが、ページのサイズは5MB以下に収めていました。

動画ならまだしも、こんなに差が出るものかなぁ?と思ったのです。

 

そして、無料でお試しができるサイトでWordPressをインストールして、何もしない状態で、GoogleのPageSpeedInsightsでスコアを比較してみました。

その結果がこちらです。
(と言いたいのですが、データのエビデンスを取ってなかったので、ゴメンナサイ。。。)

その中で、一番良いスコアがConoHaサーバーでした。


ホームページのうたい文句が嘘じゃなかったです。

スコアならまだしも、体感的にも全然違って、ここまで変わるものかと、衝撃を受けました。

初期のWordPressが早いだけで、使っているプラグインなども影響して、結局は遅くなるんじゃないか。

そんな可能性もあったので、実際に載せ変えてみました。

しましま
どうでしょう?分からないって?それでは、2つ並べてみましょう。

左が変更前(さくら)、右が変更後(ConoHa)になります。

速度インデックスが大幅に改善されているのが、分かります。

初回入力遅延の最大推定時間も改善されています。

しましま
実際の動作でも一瞬表示されてから待たされる感覚が無くなったしね。

 

注意ポイント

あ、これはすべてモバイルでの計測です。

PCでは、いまはスコアは100点が出ています。

 

載せ換えの際にDNSの設定でトラブったりしたので、それはまた別の機会に。

スポンサーリンク

 

おすすめ記事一覧

僕とインターネット 1

今回は、僕とインターネットの関係(?)を説明します。 目次 インターネットとの出会い インターネットにハマる インターネットと共に生きる  インターネットとの出会い 僕がインターネットに出会ったのは、 ...

僕がブログを始めた理由 2

こんにちは、shimashimaです。 今回は、僕がブログを始めた理由です。 目次 shimashima.comを取る。 ホームページを作る。 僕がブログを書いた理由。 これから先の展望とか。  sh ...

-wordpress, ドメイン・ホスティング, ネット関連, 技術情報

© 2020 shimashima.com