ガジェット カメラ ブログ 家電 趣味

僕の使っているカメラ。コンデジ編

RX100M3

今回は、僕shimashimaが使っているカメラの紹介のコンデジ編です。

コンデジ(デジカメ)ですが、今はSonyの「DSC-RX100M3」を使っています。

公式サイト「DSC-RX100M3」

またまたソニーですか。
通りすがりのお姉さん
しましま
ひえー、PanasonicのLUMIXとか昔は使ってたりしたんですよ。

デジカメはそれこそ20年ぐらい乗換えを繰り返してきたので、何を使ってたのか、ほとんど覚えてないですけど。

RX-100M3を使う前には、RX-100M2でした。

どんだけソニー好きやねん。
通りすがりのお姉さん
しましま
いやいや、前のRX-100M2が壊れてしまったもので。。。

RX-100M3

しましま
どどどん、と。カールツァイスの青いロゴが目立ちますな。

カールツァイスと言えば、ドイツの有名なレンズメーカー。

うんちくを語れるほど詳しくはないですが、昔から品質が高いカールツァイス社と協同で開発し、もちろんカールツァイス社のブランドロゴを使うために、厳しい審査をされた高性能なレンズというところでしょうか。

しましま
腕時計で言えばロレックスみたいな?ちがうか?

ちなみにソニーの場合は、ソニー独自のGレンズという上級レンズもあります。

 

このRX100M3が販売されたのが2014年ですが、価格.comの売れ筋の7位に今なお輝くカメラとなっています。

いちおうRX100M4、RX100M5、RX100M6、RX100M7と1年おきに発売されていますが、RX100M3が高い人気です。

M6,M7になると、光学ズームの倍率があがったり、機能的にアップしていますが、価格が10万円台と高額。

しましま
光学だけに高額。
ははは。。。
通りすがりのお姉さん

RX100M3

M4,M5との機能的にな違いはほぼなく、しいて言えば4K対応しているかどうかです。

RX100M3は価格.comで約6万円。(2020年7月現在)

RX100M4は価格.comで約8万円。(2020年7月現在)

4K対応に差額の2万円を払うのは、ちょっとということなんでしょうね。

しましま
4Kが再生できる機器をもっている人が、動画撮ったりする程度かな。それなら、ビデオカメラ買っちゃうし。

なんとか毎年、マイナーバージョンアップをして売ろうとしたけど、ユーザーの目はそんな簡単にごまかせないってところでしょうか。

では、実際の仕様感はどうなのか?ときになることろですよね。

僕は旅行などの際には、いつも持ち歩いています

まず、当たり前ですがコンパクト。重量も約300gと軽量なので、持ち運びには苦慮しません。

RX100M3

写真だと分かりづらいですが、右手にグリップを付けていて、ホールド感がまして安定します。

ソニー アタッチメントグリップ AG-R2 DSC-RX100/DSC-RX100M2/DSC-RX100M3/DSC-RX100M4/DSC-RX100M5対応

新品価格
¥1,273から
(2020/7/8 20:44時点)


しましま
グリップが無いと、すべりやすいかも。

僕の愛すべき一眼レフ「α350」とは違い、曇りだったり夜間にも十分なパフォーマンスを発揮してくれるので、これ1台で十分です。

sonyの一眼レフカメラ・α350
愛すべきばかちん一眼レフ僕の使っているカメラ。一眼レフ編

僕shimashimaが使っているカメラの紹介「一眼レフ編」です。 目次 一眼レフカメラ「α350」 持ってるレンズ  一眼レフカメラ「α350」 正直なところ、最近は一眼レフカメラの出番がないのです ...

続きを見る

光学ズームは3倍までと、望遠には向いていないのですが、本当に良い景色に出会った時にサクッと撮れるスナップカメラという言葉がピッタリかもしれませんね。

バッテリーの持ち具合は、ライブビューを使わなければ、1日持つ感じですが、ちょっと心細いかな。

しましま
僕はカメラなどを買うときには、合わせて予備バッテリーを買っちゃう派です。

バッテリーも大きくないので、カメラケースのポケットに入れておけば、安心ですね。

以上、一番僕が愛用している優等生カメラ、DSC-RX100M3の紹介でした。

 

★ソニー / SONY デジタルカメラ サイバーショット DSC-RX100M3 【デジタルカメラ】【送料無料】

価格:64,680円
(2020/7/8 20:57時点)
感想(1件)

 

-ガジェット, カメラ, ブログ, 家電, 趣味

© 2020 shimashima.com