[oracle]Oracle10gのclientインストールエラー対処法・続編

どうもここ最近『javaw.exeは動作を停止しました』とかの検索キーワードでのアクセスが多いので
[oracle]Oracle10gのclientインストールエラー対処法
の続きというか、細かい手順を紹介しておきます

前回、考えられる原因として2つ
1.javaのバージョンが最新でない
2.office2007以降がインストールされている
を挙げましたが、9割近く2.が原因の方が多いみたいなので(独自集計)、2.の方法を


2.のoffice2007がインストールされているってのは、office2007が悪いわけじゃないです
実際に言えば、IME2007が原因です



画面右下の言語タブのところで右クリックして、設定をクリックします

テキストサービスと入力言語という窓が出ますので、下の図の赤枠の様になってたらアウトです


といっても、そのタブで適当なもの(設定によって出てくる候補が違いますが)なんでも良いので、変えてOKボタンを押すだけで完了です
下の図だとMicrosoftIMEに変更


あとはOracleのインストーラを走らせて、途中で例の『javax.exeは動作を停止しました』が出なければ、そのままインストールできると思います


やることは単純なのにねー

あ、Oracleインストール後はIME2007に戻してOKです
Oracleの動作自体には影響が無い模様(今のところは…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です